オリオンデンタルクリニック
熊本市中央区九品寺5丁目8−7コザキビル2F
tel : 096-288-2256
お尋ねはお気軽に

Service

診療について

Service

07.

メタルフリー治療

金属を使用しない「メタルフリー」

既に金属アレルギーのある方、電磁波過敏症の方、金属が口腔内にあることによる微量な電流(ガルバニー電流)が気になる方、審美的に金属色が気になる方に対応します。

メタルフリー治療とは

口腔内から全ての金属を除去し体に優しい、審美的で強度のあるジルコニア、セラミックを使用した治療方法です。

口腔内に金属があることによる体への影響は

  1. 金属アレルギーの発症
  2. 口腔内の金属がイオンとして溶け出し、体に中に入ります。

    アレルギーを発症した場合は口腔内の粘膜、歯肉に直接症状が出る事は少なくほとんどの場合、掌、お腹、足の裏等の皮膚にただれ、水泡、発赤などとして現れます。(嘗跡膿胞症など)

  3. 微量な電流が発生します
  4. ガルバニー電流という電流が発生します。

    体をコントロールする脳からの情報伝達は電気信号により行われますので口腔内に電気が発生していると間違った情報が伝達される危険があります。

  5. 電磁波を集めるアンテナの役目をします
  6. 私たちの周りは電磁波だらけですが、口腔内に金属があると電磁波を集めるアンテナの役目をすると言われています。電磁波を集めるとガルバニー電流がより多くながれ不定愁訴の原因となっている場合も少なくありません。

口腔内の金属は我々歯科医が患者さんの口腔内に装着したものですから、歯科医としては反省すべき事ですが、現状の保険制度では使用出来る素材が限られていますので致し方ない部分もあります。

Zirconia Implant

ジルコニアインプラント

「チタンに替わる !! メタルフリー」のインプラント

骨に埋めるインプラント体は、金属のチタンではなくジルコニアを使用します。 骨に埋めるものはチタンで被せ物等がジルコニア又はセラミックではメタルフリー 治療とは言えません。

チタンに対する金属アレルギーの発症報告が年ごとに増えてきています。

ジルコニアインプラント

白い部分が骨の中に埋められるジルコニアです。金属ではありませんのでアレルギー電磁波、ガルバニー電流の心配はありません。

九州では当院のみ行っていますが関東を中心に導入する歯科医院が増えています。
(現在指導医として指導しています)

Quick Change Method

歯列矯正QCM

金属アレルギー対応の取り付け式矯正装置

ブラケットという歯にワイヤーなどを取りつける小さな金属性の物を接着し、それにワイヤーなどを固定するのが一般的ですが、金属アレルギーのある方には使用できません。

金属を全く使用しない矯正装置として取り付け式の場合はQCM装置という金属アレルギーの方にも使用でき透明で審美的な装置もあります。

Invisalign

新しい矯正インビザライン

「目立たない」「取り外しできる」透明のマウスピース

インビザラインとは、取り外しが可能な透明なマウスピースタイプの矯正機器です。ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みもほとんどなく、通院回数も少なくて済みます。

Cloak

被せ物

安心のメタルフリー材料を!

金属を全く使用しない、審美的で、強度のあるジルコニア、セラミック、もしくはセラミックと樹脂の混合したハイブリットの材料を使用します。

最近、金(ゴールド)に対しても結構アレルギー反応をおこす方が増えてきています。金だからといって安心できません。